繰り返し起きるスタッフのミスを減らす方法

社労士事務所コンサルティングチーム 富澤 幸司(とみざわ こうじ)

社労士事務所の所長からよく相談を受けることの一つに
「スタッフのミスが減らない、どうすればいいか」と
いったものがあります。

東京北区の社会保険労務士法人総合経営サービス様では
この対策として「徹底的にそのミスと対策を暗記する」
ということをされています。

具体的には下記のような取り組みをされているそうです。

——————————————–

1,業務の中で生じたミス、先輩から指摘されたこと、
お客様からのクレームについて再発を防ぐために
「発生事象・処置内容・根本原因・再発防止計画」を書面に記載する

2,これら、朝礼の場で全員に向けて発表する

3,発表した是正処置は各人のファイルに綴じ込む

4,毎朝10分の読み直しなどを通じて、お客様の名前を
見ただけでどのようなミスをしたのか思い出せるまで丸暗記する

——————————————–

ポイントは3つあります。

1つは丸暗記できるように取り組むということ。

ミスというのは同じミスを繰り返すことが
多いもの。その原因は忘れるからです。
つまり、忘れないように暗記すればいいのです。

2つ目は上記3の時にミスの原因を本人や上司が徹底的に考えること。

当然のことですが、そもそも改善策が間違っていたら
意味がありません。

3つ目は朝礼で発表することです。

朝礼で発表することで同じミスを他の職員が
起こす可能性を減らすことが可能です。

同じミスを繰り返すスタッフがいて
困っているという先生は是非お試しください。


社労士事務所コンサルティングチーム 富澤 幸司(とみざわ こうじ)

富澤 幸司(とみざわ こうじ)




社労士ノウハウ無料ダウンロード