矢野貴大(やの たかひろ)

コンサルタント紹介

田ノ岡大貴

徳島県小松島市出身。新卒では地元の金融機関にて個人・法人営業を行う。今後の経営支援にはHR領域の知識が必須であると感じ、社労士資格を取得。その後は地方準大手の税理士法人併設の社労士法人へ転職。社労士として1名から500名超といった様々な企業の労務問題を経験後、業界の最先端をリードし、全国の中小企業のHRを盛り上げるべく船井総研にて社労士事務所コンサルティングを行う。現場での経験から商品構築・設計を得意とする。